即効性のある心理学NLPを使い、アナタのビジネスを成功に導くお手伝い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローの秘密


こんにちは、ミズコウです。


ワタシのブログに、ご訪問ありがとうございます。

これも何かのご縁でございますので、どうぞごゆっくりご覧下さい。


いつも暖かい応援クリックをありがとうございます!

みなさまの応援クリックで、有名起業家がひしめく

起業家ブログランキングで、ベスト10圏内を守っております♪

banner1.jpg
↑読む前に、まずは応援クリック♪ありがとうございます!

順位確認は、こちらをクリック
ページの右メニュー下部にランキングが表示されます。



さて、話題が遅いと言われそうですが(汗)


イチロー選手のシーズン中200本安打の記録。



素晴らしいですねぇ。




イチローの発言の端々にNLP臭を感じます。




シーズン中に気をつけていたこと。




「できるだけ早くクラブハウスから出ることを心がけた。
マイナスの空気は皮膚から入る。
それで、悪い方に流れることだけはしないという信念を持っている。」



これって、普通に聞くと「精神論」にしか聞こえません。



でもNLPを知っている人には、深く心に落ちる言葉です。



NLP使いの知人のセラピストは「毛穴から入る」と表現してましたが(笑)



「皮膚から入る」のほうがキレイな表現ですね。



人間にはニューロンという脳細胞(というのが正しいかどうかはわかりませんが)が


脳内に存在しており、様々な脳神経の中に散りばめられています。



見た、聞いた、感じたことを、情報として、ニューロンとして脳細胞の中に散りばめられていき


新しい情報が入った時に、お互いに「あっ!繋がる!」と感じで発火するそうです。


発火と表現しましたが、脳内の細胞活動をカメラで映像化できる技術が進んで


本当に、そのニューロン同士がつながる瞬間に「火花」が散るのを確認できてます。


その映像はYOUTUBEで見ることができます。







知識や情報同士が発火して、繋がる。



それが「知恵」や「経験知」や「コツ」になって行くのです。



だから、どんな知識でも、どんな情報でも無駄ではないのですが、それだけでは


役に立てる事も出来ませんので、繋がって「使える」ようにする事が大事です。



ただし、ネガティブな情報は要注意です。




イチローは低迷を続けているチームの「空気」になるべく影響を


受けないように、クラブハウスから早く出たのでしょう。


その「空気」は選手達の「低いモチベーション」や「無力感」や「焦燥感」であり


その情報を受け取った脳が、今までの人生での「苦い経験」と勝手につなげてしまい


自分自身のモチベーションを消してしまいかねません。


その意識はしない、脳内、潜在意識での「ニューロンの繋がり」を恐れて


イチローはそのような行動を取ったのだと思います。



潜在意識の働きを深く理解して、

その影響力の凄まじさを知っているからこそ、、、、



それが一部の報道では「チームへの貢献より自身の記録を重視している」と


批判的に報じられていますが、それはジャーナリストの傲慢であると思います。



イチローの最も大事に思う使命は「ファンに希望を持ってもらうプレー」です。



それはチームへの貢献でも果たせるかも知れません。




でも、そこは「プロ」ですから、どちらにより多く可能性があるか?を冷静に


判断して、可能性の少ないほうを切り捨てる事が「プロ意識」なんだと思います。




なんでもかんでもしようとすると、結局何もできません。



アンドリューカーネギーの言葉にこんなのがあります。



「自らを助けないものを救おうとしても、無駄だ。
ハシゴを自分で登る意思のないものを他人が押し上げることできない。」




無駄なことをして楽しむのが「趣味」です。



アマチュアの野球や、WBCのようなナショナルチームの場合には


あきらめずチームのみんなとがんばるのが筋だと思います。



でもメジャーでの試合は、イチローにとって「本業」です。


本業である「仕事」では成果を出さないと意味がありません。



だから、イチローは早々に「チーム一丸となってがんばる」のを捨てたんだと思います。



仕事でも人生でも、何かをやり遂げたいなら、何かを捨てないといけません。




捨てるモノを決めて断つ。




これが「決断」という言葉です。




批判されようが、理解されなかろうが、一番大事な使命を全うする。



これが「プロフェッショナル」の真髄だと思います。







アナタは何の「プロ」でしょう?







このブログは面白い!と言う奇特な方は
面白いよ、応援するよ!←をポチッとなっと
クリックしていただければありがたき幸せ♪


rankingu1

ワタシは優しいのでFC2 Blog Rankingにも投票する♪
↑ついでと言ってはなんですが予めほめておきましたので
こちらもクリックしてみて下さい、すぐ爆発します(しません)


応援クリック、ホントにありがとうございます!!
ものすご~く励みになります!!



、、、、、ところでこのブログ今、何位なの?



スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

コメント

わたし

便秘のプロ


いやいや、そうじゃなくて。


イチローはチームプレーを捨て、レイズの岩村はチームプレーにこだわった。

どっちもかっこいい話で。

負は負に引き寄せられるもんねー。

だから、都会の人の多いところに行ったら、負のパワーで、しんどいです。
それ以上の+を発せられるといいのだけれどね。

おたま





便秘で何か社会活動をされてるんですか?


たまればたまるほど、マイルと交換できるとか?(できるか!)


>負は負に引き寄せられるもんねー。



そうそう、愚痴ばっかり言うとか悪口言うとか、そんな人の
近くにはいないほうが良いね。


なんだか疲れるし、、、、


>だから、都会の人の多いところに行ったら、負のパワーで、しんどいです。
それ以上の+を発せられるといいのだけれどね。



それはキミが根っからの田舎者だから。


ネズミ先輩と同郷だから。


河童が住んでる地域だから。



そう言えば小学校の時にあだ名が「カッパ」


ほっとけ!



三塁打

最近ネタ切れではないかと、

みんなで心配しておりましたが、、、

というか、Sの方が心配してました。v-12

今日は見事な三塁打!

「火花」見つからなかったので、教えてください。

めちゃめちゃ興味あります。

そうだったんだ・・・

> そう言えば小学校の時にあだ名が「カッパ」

カミサマって、実は頭のてっぺんハゲてんのか・・・

さっちゃん、、、、




ええ、内緒にしておいてYO!



ってこらー!



違う違う!


子供の頃は指と指の間に水かきがあったから!(ない)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://erickson.blog39.fc2.com/tb.php/119-de093313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

ミズコウアキヒコ

Author:ミズコウアキヒコ
少し古いラテン系の輸入車とパーツをインターネットで販売している現役ネットショップ店長

ビジネスに使える心理学を学び
講演、セミナー、コンサルティングをする事業部「エリクソンコンサルティング」を立ち上げる。

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリー

ご挨拶 (9)
プロフィール (1)
当社の取組み (1)
当社の業務内容 (1)
レース活動 (1)
ブログCM (1)
ビジネスで使える心理学 (12)
ちょっとイイもの見つけた (2)
日々の雑記帳 (261)
リコメンド (75)
ご案内 (44)
大人の為の心理学 (45)
ブログ (646)
備忘録 (2)
名前のことだま (2)
ここで一句 (2)
パワースポット山陰スピリチュアルツアー (94)
動画 (51)
ウェルスダイナミクス (115)
魔法の質問 (17)
アクティブブレイン (3)
個別コンサル開催案内 (14)
アメブロカスタマイズ (64)
カミサマ検索コーナー (6)
ビジネスウィザードアカデミー (62)
屋久島スピツアー (12)
リアル店舗集客 (1)
老いぼれジジイの話 (1)
スタートアップ合宿 (13)
グループコンサル (6)
メルマガ (3)
仙酔島合宿 (5)
エイプリルフール (1)
ブログ&NET集客 (3)
ユースト配信 (2)
ユーストリーム配信 (1)
ブランディング (19)
ひなた劇場 (3)
イノチネプロジェクト (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。